ローズピンクのバック

f0227777_13264977.jpg


珍しくこんなかわいい色の帆布が手に入ったので、トートバックを作りました。
冬のダークになりがちな装いに、指し色として取り入れてみたらかわいいのではと思います。最近作るバックはいたってシンプルなものばかり。こちらのようないわゆるトートバック(LLビーンとかのトートは今でも好きです)とか、四角い本体に持ち手がついた普通のバック。いろいろ作ってみて結局私が好きなのはこういうシンプルなものなんだということに落ち着きました。ただその分、布にこだわるようになりました。色、素材、質感。なかなかこれ!というものに出会える機会は多くないのですが、ひょっとしたことで気に入ったものに出会えるときのうれしさったら!
今回のこのピンクも、作る前から頭の中にイメージが膨らみました。

f0227777_13332326.jpg


作る前から、中の布はストライプにしよう!と決めていました。なかなかいい感じのストライプが見つからなくて。思い切ってLINNETさんのストライプを使うことにしました。イメージ通りのいい色と質感で大満足。このストライプで今度はぜひブラウスを作りたいな、なんて思いました。
ピンクとは一見合わなそうなグレーとネイビーのストライプ。でもそのギャップが面白いのではないかな、と思って。

f0227777_13364482.jpg


ひっくり返してみると(最近面白くてよくやりますね)、こんな感じです。少し薄いリネンなので表のピンクを少し感じますが、こういう風に持つのも面白いかもしれませんね。

私のトートバックは口の部分に表地と同じ生地で見返しをつけるのがポイント。少し手間がかかるのですが、口の部分がしっかりして(生地が二重になるので)へランへランにならないところが気に入っています。今回の帆布は11号の割にしっかりしていたのでミシンがかなりつらそうでした。よくがんばってくれて、ありがとう。そういう気持ちを込めてミシンに触れていると、不思議とミシンと心が通じ合うような気がします。

さて、あと2個この帆布でバックを作ります♪
[PR]