<   2011年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

f0227777_10444157.jpg


ほんの少しずつだけど、春らしくなってきました。
今年は、春の訪れがゆっくりですね。毎年この時期はそろそろウールのソファカバーからコットンのものへ、ダウンのコートはクリーニングへ、と春への準備に向けていろいろと忙しいのですが、今年は夜になると寒くて寒くて、家族みんなで毛布をすっぽりとかぶってテレビを囲んでいます。

昨日久しぶりにミシンのスイッチを入れました。
11日の前にカットしておいたワンピースを仕上げるために。消費電力の高いアイロンを使うのに少しためらいましたが、なるべく工程を整理してアイロンをかけるときは、まとめてできるようにしスイッチを入れたままの時間をできるだけ短くするように心がけています。
ミシンをかけるのはやっぱり楽しかったなぁ。また少しずつ作っていきたいな。と心から思いました。ただ、布のカットがね。。集中力がいるし、下を向いたままだとめまいがするんですよね。でもいつまでもそんなこと言ってられない。少しずつ、ですね。

最近「言葉の遣い方」についてよく考えます。
この2週間の間ずっと考えてきたことの一つ。同じ気持ちを伝えるにしても言葉の選び方でずいぶんと印象が変わるものだなぁと。それは、受け取る側の心理に因るものも多分にあるだろうけれど、発信する側は受け取る側のそういった状況も踏まえての言葉選びというのが大切なんだろうなぁと。
心の根底にあるものが同じだったとしても、せっかくのその想いも、言葉の遣い方がずれていたらうまく伝わらない、だけでなく気持ちと反する結果になることもあるのだから。

私がいつも読んでいる谷根千のクラシコ店主のブログ。
余計なことは何も書いていないんだけど、なんか毎日癒されるんだなぁ。若いお嫁さんの話なんかは、一人で「はっは~」なんて笑っちゃうことも。こういう文っていいなぁ、て思う。扱っている商品も素敵だし、毎日更新されているところも素晴らしい。ちょいとクセのあるご主人(同世代)、またお店にも行ってみたい。

いただいたこでまりの花。花はいいな~、花は美しく、生きる力で満ちている。花を飾って元気をもらおう!
[PR]
by natulinne | 2011-03-30 11:02 | 日々
f0227777_921288.jpg


ここ二日ほど、友達と続けて会うことができて、数時間だけれど一緒に過ごせました。
女同士、母親同士、ならではの心配ごとをお互いに励ましあい、時々笑って。息子の幼馴染も来てくれて二人の大きな無邪気な笑い声を聞くと、なんだかほっとしました。

いろんな人の言っていること、blog、目を通していると「泣いてばかりいてもしょうがない」「私たちにできることをがんばる」「ふだんどおりの当たり前の生活を送る」震災の翌日からすでに気持ちを切り替えている人も。

情けないけど、本当に情けなくてすみません、なんだけど私は泣いてばかり。
被災地のお年寄り、子供たち、いろんな姿に涙ばかり出てきてしまう。テレビ、最近消しているんだけど、ニュースは見るものね。

自分でもわかってる、泣いててもしょうがないって。でもね、泣いたっていいじゃん、泣きたくもなるよ、あんなにたくさんの方が亡くなって、あんなにひどいことがあったんだもん。ってちょっと思う。いい年してみっともないかもしれないけど、私の涙なんてなんの役にも立たないかもしれないけど、一瞬にして消えてしまったものたちのために涙を流すのは心があれば当然だし、今の私にはそれもまた「あたりまえのこと」のようにも感じる。

布にも触れられない日々。5月の展示、できるのかなぁ。やらなくちゃと思うのだけれど。

便利な生活の上で当たり前に生活していてそれが壊れたら突然その原因を追及する、関心を持ち始める、そんな私たちは素直にこれまでを反省し、これからをきちんと考えるべきですね。
この国の危機管理力、この国民の、と言い直した方がいいのかな、やっぱり考え直さないとだめですよね。毎日いろんなニュース、そのたびにスーパーに走る人々。こうなりました、次にこういうことが想定されますが、そのような時はこうします。というようなことが一つの筋として見えない、だから不安になるのだと思う。空気に影響するなら、水、土、いろんなところに影響するのは周知のことでしょう。そんなときにはどうすべきか、これからどういうことが想定されるのか、まぁ想定されない事態になるのが非常時なんだけど、それでも最大限の想定をしてみんなで同レベルの不安を共有し解決策も同じように共有する。私だけ知らなかったらどうしよう、というのが足並みそろわずかけっこになってしまうのではないかな。
今は机上で論じていてもしょうがない、とにかく落ち着いて、落ち着いてと自分にも言い聞かせています。

お彼岸の日は、熱が出て動けずにいました。インフルエンザかと心配しましたが、熱はいちにちで消えました。心と体が悲鳴をあげたような気がしました。なので、父のお墓参りに行けませんでした。
今日で学校も終わり、母を誘って、父に会いに行きたいな。
[PR]
by natulinne | 2011-03-24 09:48 | 日々
f0227777_15241753.jpg


ずっとやりたかったこと、息子と義援金を送りに行ってきました。息子はおこづかいの中から。
心ばかりの額だけれど、少しでもお力になれたらうれしいです。

まずはひとつ。これからも私たちにできることを。。

小さな男の子なのに、息子はとっても頼りになります。地震が起きても男の子ってギャーギャー騒がないんですね。どっしりと構えてくれているので、本当に助かります。私は地震が本当に本当に怖くて実はこの地震で歯が変形してしまいました。きっと怖い時間、ぐっと歯をかみしめていたからだと思います。前歯のかみ合わせが変わってしまってなんとも気持ち悪いです。落ち着いたら歯医者に行かなくては。

やっとテレビが少し戻ってきましたね。昨日欽ちゃんの仮装大賞を息子と見ました。思わず大笑いしてしまったところもあり。笑うってこんなに素敵なことなんだって実感しました。じつは少し苦手だった欽ちゃん。でも昨日は欽ちゃんに救われました。報道、ニュースも必要ですが、凍った心を溶かしてくれるような番組も少しずつ流してもらえるといいなと思います。

週末の野球は私の願いが届いたのか、(届くわけないか)中止になりました。しょうがない、また落ち着いたらがんばればいいじゃないと思います。本当にそうだよ、今は少しのガマンです。

おやつに舟和の芋ようかんをいただきました。甘いものを食べると元気が出ますね。被災地の方にも何か甘いものが届けられますように。

つれづれ思うこと、、、でした。
[PR]
by natulinne | 2011-03-18 15:31 | 日々
大災害から一週間。
依然として深刻な状況です。私もこの一週間、余震や節電、何もできないながらテレビを見て思うこと、パンパンに張りつめた心が苦しいです。でも被災者のことを考えたら弱音なんて言えないですよね。普段と違う生活がこんなにも心に負担をかけるものなんだと、だとしたら被災者の方たちはどんなにか大変なことだろうと。「Imagine」=想像すること。ジョンレノンの歌とはちょっと違うと思うけど、でも想像してみる。そうすれば、自分が今何をすべきか、何ができるのか、が分かる気がする。自分たちができること、それが小さな光となって被災地に届きますように。


f0227777_842142.jpg


パンがあちこちで品薄だそうですね。(今は少しおさまったのかな)
ホームベーカリーでパンを焼くことにしました。ご飯を炊く日→パンを焼く日を交互に。毎日の洗濯と掃除もいちにち置きにすることにしています。まだ寒いですから、そんなに神経質にならなくても済みますね。これが夏だったら。。。でも電気の問題はそんなに簡単には解決しないでしょうから、夏まで続くかもしれません。それこそ「imagine」して「contrive」=工夫することが必要なんでしょう。

こんな中も週末には少年野球の公式戦があるそうです。いかにも男の人たちが考えそうなことだなぁとちょっと複雑な思いです。たくさんの洗濯物、選手たちの車移動、停電かもしれない時間帯のお弁当づくり。そういうのが現時点でどうしても開催するべきことなのかを判定する材料にはならないんだろうなぁ。いろんな考えがあるのですね。難しいです。
[PR]
by natulinne | 2011-03-18 08:52 | 日々
重い内容が続いてごめんなさい。
でも、まだ災害があって5日、そして今もなお災害は続いています。

同じ日本人として、同じ地球に住む人間として、被災地から離れているからといって何もできないのが歯がゆくてたまらない。普通に過ごすなんてとてもできない。

原発の事故もまだまだ予断を許さない状況。たびたび起こる余震。でも私たちはあたたかな自分の布団で眠れる。毎日お風呂にだって入れる。洗濯した気持ちのよい服に着替えができる。
こんな贅沢をしていいのだろうか、胸が痛い。
被災地の体育館で毛布にくるまっているおばあちゃんが「何もしないで、ごはんを食べさせてもらって、こんな贅沢をして申し訳ない」と言っていました。胸が痛い。

何かしたい、今すぐにでも行って、被災者の方の力になりたい。そう思っている人、たくさんたくさんいるでしょう。私もそうです。

今はまだ素人がボランティアできる段階ではない、とのこと。プロフェッショナルな人たちの力が必要な段階だそうです。いつか、お手伝いできる時期がきたら私にできることをやりたい、そう強く思っています。

息子と少しずつだけど募金をしよう、と話しています。今は募金することくらいしかできないけれど。いつも東北のおいしいお米、野菜、お魚、食べさせてもらってる、こんなときこそ少しでも力になれたら。

ヤフーのトップに出ていた記事。「何故、日本では略奪が起きないのか?」
秩序正しく、協力して困難に立ち向かっている日本人の姿が世界中から称賛され、協力を惜しまないという声が多数あがっているという。私たち日本人の誇りだ、涙が止まらない。

みんなで立ち直ろう、息子に言った「あなたたちが新しい日本を作るんだよ」と。

無用な買いだめ、ガソリンを買うために何時間もエンジンかけっぱなしで待っている現状、もう少し考えよう。
[PR]
by natulinne | 2011-03-16 19:21 | 日々
落ち着いた日々がやってくるまで、まだまだ時間がかかりそうです。
情報収集のためにテレビはつけているものの、なるべく電気を使わないように暖房器具も消しています。たっぷりと着ているのでそんなに寒くはありません。お茶も保温ポットに入れる、なるべくゴミを出さないように蓋つきの容器におかずは保存。洗濯物を室内に干して加湿器をつけなくてもいいように。少しずつ今の自分にできることを行うようにしています。

停電に関してももちろん賛成なのだけれど、行う時間帯やグループ分けの情報が二転三転。この部分に関しては、文句言ってもしょうがないけれど東電さんにもう少ししっかりとしてほしいなというのが本音です。自分たちがいつ停電になるのか、がはっきりして心づもりができていれば、3時間程度の停電なら乗り越えられると思うのだけれど。

原発の状態も本当に気になります。原子力発電の上に成り立っている私たちの便利な生活。想像以上の規模の災害においては、このような事態が起こることも否めないのかもしれない。だからこそ、これからどうしたらいいのか、一人ひとりが考えなければ。チェルノブイリ事故が起こったロシアよりもずっとずっと小さな国、日本。まずはこの深刻な現状を一刻も早く抜けられるよう、祈るばかりです。どうか、どうか最小限の被害で済みますように。

心が沈むことばかりで、普段通りに過ごす気持ちになかなかなれません。気がつくとぼうっと考えてしまいます。布に触る気持ちにもなれず。。。
こんなときこそ!って思うんだけど、こんな時こそ!のこの気持ちをなんとか被災者の方々のために使うことはできないのでしょうかね。つらいです、とっても。

元気を伝えるブログがこんな内容でごめんなさい。。。
[PR]
by natulinne | 2011-03-15 12:55 | 日々
こんにちは。
大災害から約3日、被害の大きさが分かるにつれ胸が締め付けられる思いがします。
被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。

私の住む街は海を埋め立てた場所なので、液状化現象が起こりました。
一度目の揺れのあと、家の前の公園に避難していた際に2度目の揺れがありました。
その瞬間、地面が割れ、割れ目からは水が噴き出し。。。
立っていられないほどの揺れ、家で一人でいました。本当に怖かった。
マンションから逃げ出した人たちと声をかけあい、励ましあいました。
幸いにも家族はみんな無事、離れた家に一人暮らしの母も無事でした。

そして、今日たびたび起こる余震を感じつつも普通に暮らせてることをとてもありがたく感じています。

こんな誰もが経験したことのない大きな災害のあとですから、みんなが少しずつのがまんをしなくては、と思います。少しテレビが見れなくても、少しあたたかなお茶が飲めなくても、少し買い物をガマンしたって、震災にあわれた方々の大変さを思えば乗り切れるはず。

この何日間かに何回チェーンメールがまわってきたことか。

さきほど買い物に出かけましたが、みなちょっと狂っているのかと思うくらいの買い物量。落ち着いて考えよう。本当に必要なものを買えばいいのではないかな。急ぎさえしなければ、必ず手に入るはずだし、工夫すれば食事もとれるでしょう。

学校はしばらく半日で終わるようです。私もなるべくシンプル&コンパクトに暮らせるようにしようと思います。

ただ、長期的に考えてあまりキュウキュウにガマンすることもないのかなと思うのです。だからみんながちょっとずつのガマン。
いろんな苦労を乗り越えてきた私たち日本人。力を合わせて乗り越えていきたいですね。
[PR]
by natulinne | 2011-03-14 14:12 | 日々
f0227777_20244144.jpg


花粉がすごい!!のに、お花の画像ですね。。。
チューリップなどは平気なのですが、外に出るのがつらい。
なんとか薬なしで乗り切ろうと思ったけど、通常の半分の量の薬、飲んでいます。つらい状況をガマンすることはないかな、と思ったのです。集中力もなくなるし、喉も目もかゆいし。薬のおかげでだいぶ楽になりました。マスク姿の人多いもんね、もう少しがんばって乗り切りましょう!!

5月のイベントに向けて作りたいのに、なかなか集中できなくて。でもやっとスカート完成。あと3枚程度同じものを作ります。そして今のうちにリバティの巾着など手のかかる小物を作りたいのですが、、、何せ集中できないので。困ったものです。布はたくさん!届いているのでひたすら縫うのみです。がんばります。。。
[PR]
by natulinne | 2011-03-09 20:30 | 日々
f0227777_9585015.jpg


ご縁があって我が家にリサラーソンがやってきた。
人形がちょっと苦手、な私は(もふもふ系ぬいぐるみは大好き)初めエスキモーの子どもを見て「かわいくないな」と思ったのですが、皆からせっかくなら両方置いて北極の世界をつくったほうがよい、とのご意見をいただき連れ帰りました。

ずっと欲しかったリサラーソン。少しずつ集めていきたいな。

新しいものが家にやってくると、なんとなくあちこち片付けたくなる。今日はそんないちにちにしようかなと思っています。
[PR]
f0227777_1430831.jpg


週末やっと少し落ち着いて、ミシンを始めました。
まずは小さなものから。箸入れとお弁当包みです。私も最近お弁当を持つことが増えて、箸入れが欲しいなと思っていたのです。途中で気がついたのですが、私左利き。箸をしまうポケットをつけるのを間違えるところでした。。

5月13日に京成線大久保駅近くにある「ギャラリー林檎の木」さんで(皆さんご存知ですね、きっと)展示会を行います。まだ私一人の展示になるか、いつものようにいろいろな方に声をかけてのイベントになるかは未定なのですが、せっかくならいろんなものをご覧にいただけるように、楽しいイベントにできるといいかな、と思っています。

しばらくサイトのshopはお休みして、5月に向けての製作に専念します。こちらでどんどんご紹介していきますので、どうぞお楽しみに☆

今週は、ざっくりとしたお気に入りのリネンでスカートをたくさん作るつもりだったのに予定がくるってしまいました。(途中PCの不具合もあって、どっと疲労。。)
来週からは頑張ります。どうやら黄砂が飛んでいるようで、毎年この季節は体調が今一つなのです。風邪もひいたのかなぁ。くしゃみよりも、のどのかゆみ、目のかゆみ、ところどころに発疹ができます。夜はぐっすり眠れるのですが、どうも集中力に欠ける日々。これは単純に気の緩みかもしれませんが。。。とにかく、あと2カ月ちょっと、がんばります~。
[PR]